塗装で劇的大変身~素敵なお家にするための壁色レッスン~


塗装で劇的大変身~素敵なお家にするための壁色・レッスン~

壁色チェンジでお家のドレスアップを

塗装をするなら、この際オシャレな外壁にしたい!と意気込む方は大変多いです。

しかし、知識不足のせいで奇抜な色を選んで大失敗したり、塗料の性質を間違えて、壁がボロボロになったりと失敗してしまう人も少なくありません。こちらでは、失敗しないおしゃれな塗料選びのポイントをご説明します。

  • 華やかだけど派手すぎない上品な壁色

「おしゃれな色にしたい。でも、失敗したくない」と頭を悩ませている皆さま、そんな時にお勧めしたい色があります。それは、ベージュです。

ベージュの色に華やかなイメージを持つ人は少ないと思うのですが、広い面積の壁一面をベージュにすると、太陽光なども手伝って大変華やかで豪華な色に見えるんです。オーソドックスな色ですので、家全体の作りが、洋風でも和風でもなじむことができますし、暖色ですので家を大きく見せる効果があります。

注意点としては、アイボリー寄りのベージュを選ぶと、ほとんど白に見えてしまう、ということ。 イエロー寄りのベージュを選ぶと、ほんのり色味のついた華やかなベージュの壁になります。

しかし、色味をつけたいからといって、レモンイエローのように黄色味が強いベージュを選んでしまうと、ゴールドのようなベージュになってしまいます。一般家庭の外壁としては派手で悪趣味な色ですので、あまりお勧めはできません。

  • おしゃれで落ち着いた雰囲気の壁色

落ち着いた雰囲気にするには、彩度と明度を落とすことが鉄則。明るい明度の色でも、彩度が低いものを塗装すれば、どんな壁でもおしゃれで落ち着いた雰囲気にすることができます。お勧めなのは、彩度と明度の低い茶味がかったアーモンド色。和風の家にも洋風の家にも合う色ですし、汚れが目立たないのでお勧めです。

もしあなたのお家が洋風で少しだけ奇抜な色にチャレンジしたい場合には、濃いクリーム色、(卵の黄身のような色)もオススメです。個性的な色ではあるのですが、基本色がアイボリーなので、家全体を品よくまとめることができます。